クロノセルに配合されている成分と働き

クロノセルはいま美容ブースターというだけあって話題になっています。

ではそのクロノセルにはいったいどんな成分が入っているのでしょう?

その成分はどんな働きをしているのでしょう?

クロノセルのメイン成分はヒト幹細胞培養液

再生医療技術の応用によって、人の細胞から培養された物質なのです。

そのヒト幹細胞培養液は、人体への優れた順応性と生理活性作用を持っている美容成分とも言えます。

人から生まれた物質なので、人との親和性が高く、アレルギーなども起こりにくいのです。

さらにお肌の弱い方でも安心して使用できる物質なので、コスメ業界ではかなり注目されています。

 

クロノセルにはそのヒト幹細胞培養液が3種配合されています。

  • ヒト脂肪細胞順化培養液
  • ヒト線維芽細胞順化培養液
  • ヒト骨髄幹細胞順化培養液

これらの培養液には美肌を作り出す成分と、本来の肌に修復をサポートする働きがあります。

その他の成分を列記いたします。


グリセリン
エタノール
BG
ヒト繊維芽細胞順化培養液
ヒト脂肪幹細胞順化培養液エキス
ヒト骨髄幹細胞順化培養液
ヒトオリゴペプチドー1
合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31
ヒトオリゴペプチドー13
合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81
ハイドロキノン
エンテロコッカスフェカリス
グリチルリチン酸2K
アスコルビルリン酸Na
スイゼンジノリ多糖体
ヒアルロン酸Na
カミツレ花エキス
キュウリ果実エキス
アロエベラ葉エキス
オタネニンジン根エキス
クズ根エキス
クロレラエキス
トレハロース
サリチロイルオクタペプチド-9
アゼラオイルトリペプチドー1
アラントイン
ピリドキシンHCl
スクロース
PPGー6デシルテトラデセス-30
テトラヒドロピペリン
1,2ーヘキサンジオール
ポリソルベート20
水添レシン
EDTAー2Na
フェノキシエタノール
キサンタンガム
カラギーナン
キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na

これだけの成分が入っています。